ようびHP

ようびで働くひとの声_葛原友城

正社員募集-recruit

ようびでは、おかげさまで関わらせていただくプロジェクトの幅が全国に広がっており、共に働く新しい仲間を募集しています。
正社員募集-recruit

CHANGE雇用 -recruit

CHANGEは、4つの仕事内容から最大2つの仕事を選び、実際に稼ぎながら自分の仕事と居場所を見つけることができます。
CHANGE雇用 -recruit

ようびで働く
ひとの声

家具設計・デザイン

葛原友城

ようびデザイン部

専門学校で家具デザインやプロダクトデザインを学び、岡山の工務店で働く。その後、CHANGE雇用でようびデザイン部に参画。CHANGE雇用中は、ようびの家具工房での家具製作にも携わる。現在は正社員として、ようびデザイン部で家具設計及び家具・建築デザインに携わる。

ーようびに入社したきっかけを教えてください。

ようびの家具を導入している事業者さんの友人から、ようびのことを聞き、知りました。ただ、その時は、質の良い木の家具を作っている家具屋さん、という認識しかなかったんです。その後、自分のキャリアについて改めて考え直す機会があり、転職を考え始めた頃、気になっていたようびについて、詳しく調べてみたんです。 ホームページやネット記事などを見て、間伐材を使い、地域の森を育てながら、家具、建築、デザインなどの分野で価値を提供していく姿、「やがて風景になるものづくり」というビジョン、社員の方々の想いにとても惹かれました。そこで、専門学校で学んだ家具デザインやプロダクトデザイン、前職での経験を生かしながら働く環境があるのではと、応募をしたんです。

ー現在、どのような仕事をされていますか。また、仕事のやりがいを感じるのは、どのような時ですか。

僕は主に、CADや3DCGを使った家具設計や・家具・建築デザインに携わっています。自分が携わったCGや図面、提案書などを見て、お客様が、「ようびにお願いしよう」と決めてくれた時、とてもやりがいを感じます。そのクオリティのものを、価値のあるものを提供できたことを実感して嬉しく思います。家具、建築と、様々な価値ある場の提案ができるよう、よりスキルを磨いていきたいと思います。

ー葛原さんは、最初「CHANGE雇用」という形で入社されたんですよね。

はい、CHANGE雇用というのは、ようび独自の働き方なんですが、家具職人やデザイン、建築等4種の職種から最大2つの仕事を選び、実際に現場で働きながら、自分の適正、自分に合った仕事を見つけることができる、そんな取り組みです。家具工房・デザイン事務所、建築設計室が共にある、ようびならではの働き方だと思います。 僕は、2021年CHANGE雇用として働き、2022年より正社員となりました。CHANGE雇用の期間、最初はようびの家具工房で家具の製作に関わり、その後ようびデザイン部で、社員の方々のサポートを受けながら、主にCGや提案書の作成を行なっていました。

ーCHANGE雇用を経験してみて、良かったと思うことはありますか。

はい、まず、ようびの家具工房で実際に家具の製作に携われたことが、今のようびデザイン部で働く上で、とても役に立っています。例えば、代表の大島のデザインする家具を、職人さんにつくってもらう際に、正しく意図を翻訳して伝える過程などがあります。ようびの家具工房で、ようびとして世に出して良いクオリティのものをつくる工程に関われたことで、家具のパーツの形や寸法など、どのくらいの精度の情報が、職人さんたちがつくる上で必要なのかが、わかるようになりました。 また、ようびデザイン部では、CHANGE雇用の期間、社員の方々に丁寧に補助していただきながら、CG・提案書作成や広報、営業、様々な仕事を体験させてもらい、加えて、お客様や事業者様と接する上で必要な言葉使いやマナーなども教えてもらいました。そのおかげで、自分のやりたいことに気づき、社会人として自信がついた状態で、正社員としてスタートすることができました。 専門性を生かしながらも、新しいことにチャレンジもしてみたい、そんな、当時の僕みたいに、やりたいことが漠然としている方には、会社に入ってから自分の適正や自分に合った仕事を見つけられるCHANGE雇用のような仕組みって、とても良いんじゃないかなって思います。

ーようびで働くことに興味を持っている方へ、メッセージをお願いします!

ようびでは、職人、建築設計士、デザイナー、と様々なプロフェッショナル達とともに働けるので、自分のアウトプットしたものを、幅広い視点ですぐにフィードバックをもらえます。良いところは評価されて、足りない部分には、さらに良くなるためのアドバイスをもらえる。だから、成長スピードがとても早まると思います。 僕自身、入社した頃は本当に自信がなかったのですが、そんな環境に身を置けたことで、今こうして自分なりの自信を持って働けていることを実感しています。 自分を高めたい、という方にはぴったりの環境です。ぜひ仲間になってもらえたら嬉しいです!

After Work

プライベートでは、上質な空間、人が集まる場を訪れ、体験することを大切にしています。建築、サービス、新しさ、伝統、、多くの方に求められる価値ある場とは何か、自分なりに研究しています!

ほかのインタビュー
を見る

渡辺 陽子

ようびの家具工房 部長

熊谷 雅樹

ようびデザイン部 部長

与語 一哉

ようび建築設計室 室長