ようびHP

ようびで働くひとの声_与語 一哉

正社員募集-recruit

ようびでは、おかげさまで関わらせていただくプロジェクトの幅が全国に広がっており、共に働く新しい仲間を募集しています。
正社員募集-recruit

CHANGE雇用 -recruit

CHANGEは、4つの仕事内容から最大2つの仕事を選び、実際に稼ぎながら自分の仕事と居場所を見つけることができます。
CHANGE雇用 -recruit

ようびで働く
ひとの声

建築設計監理

与語 一哉

ようび建築設計室 室長

幼少期から木を使ったものづくりの楽しさを感じ、つくったものがずっと残っていく、使われていく、、そんな仕事をしたいと思い、建築を志す。 新築住宅の施工管理業務や、古民家改修の設計監理業務に従事するなどの経験を経て、ようび建築設計室に参画。新築・改修、様々な案件に関わり、現在、同室長を勤める。


ー現在取り組まれている仕事について教えてください。

現在はようび建築設計室では、宿泊施設、古民家改修や廃校利活用の設計や施工に、主に取り組んでいます。 地域の中で、大切に受け継いで来られながらも、現在は使われていないような建物を、その建物や場のポテンシャルを最大限引き出しながら、これからのライフスタイルに合わせリノベーションし、新しい宿泊施設や店舗、学び、集いの場として生まれ変わらせる、、 そのような案件に関わらせていただいています。

ーどのようなプロジェクトに関わっていらっしゃるのか、具体的にお聞かせいただけますか。

はい、例えば、地域の中で愛されてきて、今は廃校となってしまった旧小学校が、宿泊施設や入浴施設、ショップへとリノベーションされる、というプロジェクトに関わらせていただいています。 地域の方々が銭湯や交流を楽しまれたり、 県内外からの方々が、観光後にそこで汗を流し、宿泊をされたり、地域の特産品を購入したりと、 地域内外の方々の交流が生まれ、その地域のプロダクトや文化が発信されるような、そんな新しい価値を生む場を、たくさんの方々とともに創らせていただいています。

ー仕事をする上で大切にしていることはなんですか。

全てのプロジェクトにおいて言えるのですが、 新しい場が出来上がることによって、地域の方々が持続的により豊かに、より元気になっていくことが重要と思っています。そのために、クライアントや運営する方へのヒアリング、そして地域の方とのワークショップを丁寧に行い、そこに暮らす方々の本質的な課題やニーズ、その思いを汲み取り、建築を提案させていただくことを心がけています。

ー仕事のやりがいを感じるのは、どんな時ですか。

建築には、クライアントの方をはじめ、インテリアデザイン、ランドスケープデザイン、大工さんや職人さんなど、、たくさんの事業者様が関わります。 そのような様々な事業者の方々と、同じヴィジョンを共有しながら共に創り上げていくことで、自分一人では成し遂げられない、予想を超えて良いものが出来上がる瞬間に、本当にやりがいを感じます。 色んな方々が「自分たちが関わったんだ、つくったんだ!」と思えるものが、残っていく、使われていく、ということも、喜びを感じますね。

ーようび建築設計室で働く魅力を教えてください!

ようびは、社内に建築設計・家具インテリアデザイン事務所と家具工房が共にある、とても珍しい環境のため、建築からインテリア、家具、デザイン、様々な分野のプロフェッショナル達と関わり、共に創り上げていくという働き方ができます。 業務中はもちろん、昼食もみんなで一緒に食べるなど、部門を超えてとてもコミュニケーションが多く、色んな視点に触れることができるところが魅力です。 また、私たちは、岡山県西粟倉村という、人口およそ1400人、森林が95%という地方に実際に身を置き、地方都市での課題解決に関わっています。 日本全国で同じような課題がある中、リアルな地方都市の「価値を生み出す場づくり」に携わることは、建築のキャリアの中でとても大きなものを得られると思います。

After Work

趣味はマラソンです。走って無心になることでリフレッシュできます。30代半ばの時に、フルマラソンで10代の記録を塗り替えたことが、「年齢問わず、人はいつまでも成長できる!」という自信に繋がっています。

ほかのインタビュー
を見る

渡辺 陽子

ようびの家具工房 部長

熊谷 雅樹

ようびデザイン部 部長

葛原 友城

ようびデザイン部